MENU

脂肪燃焼サプリランキング

 

当サイトは脂肪燃焼に効果的な成分を配合したサプリをランキングで紹介しています。

 

代謝促進DHA・EPA
話題のココナッツオイル
黒酢
などが代謝を促進し体内のメラメラ度を高めるのにおすすめです。中には脂肪燃焼サプリというものの有効な成分が一切含まれていない粗悪な商品も存在するようですが、以下の3つのサプリはきちんと含まれ口コミでも評価の高いものばかりですのでご安心ください。

 

きなりは、体の燃える力をサポートする魚油のDHA・EPAを高配合したサプリメントになります。1日分に500mgものDHA・EPAを含有し、衰えがちな代謝機能を促進します。さらに、サラサラ成分ナットウキナーゼやDHA・EPAを守るアスタキサンチンなど豊富な栄養が凝縮しています。

 

VCOサプリメントの特徴
VCOサプリメントは、海外セレブも愛用と話題のココナッツオイルを配合したサプリになります。ココナッツオイルの中でも高品質なヴァージンココナッツオイルを使用し、含まれる中鎖脂肪酸が脂肪の燃焼をサポートします。また、ココナッツオイルはダイエットだけじゃなく健康、美容にも良い影響をもたらすとし評判です。

 

三黒の美酢の特徴
三黒の美酢は、脂肪が落ちないあなたを応援する代謝&燃焼力をアップするサプリメントです。有効成分に、濃厚黒酢もろみと完熟黒にんにくからとれた良質なアミノ酸を配合。そして、DHA・EPAもプラスし、女性の太りやすい・痩せない、体重が減らない、を完全にサポートする最強サプリとなっています。
三黒の美酢の総評
それだけでも効果の高い黒酢にんにくだけでなく、代謝をさらに促進させるDHA・EPAも含まれている脂肪燃焼のためにこれ以上ない最高のサプリに仕上がっています。

 

大人のカロリミットの特徴
大人のカロリミットは、CMでおなじみのカロリーカットサプリメントになります。糖質の吸収を抑制するギムネマ、燃焼を助けるブラックジンジャーなどダイエットに役立つ成分を凝縮しています。1日4粒から気になる食事前にサッと飲むだけ!食べ過ぎが心配な方におすすめのサプリメントです。

 

カプシエイトナチュラの特徴
カプシエイトナチュラは、カプサイシンの燃焼力をはるかに超える世界初成分カプシエイトを配合したサプリメントです。カプシエイトは通常のカプサイシンと比べて辛くないため胃に負担をかけません。それなのに燃焼力はカプサイシンを軽く超えます。年齢とともに落ちた代謝を取り戻すならカプシエイトナチュラに決まりです!

 

脂肪燃焼しにくい理由
脂肪燃焼しにくい原因は、食生活に大きく関係しています。多くの人は、食べなければ体にたまった余分な脂肪が燃焼されて痩せられると思っています。もちろんこれは正解なのですが、食べないだけで痩せるには飢餓に近い状態にまでいかないとならないでしょう。特に女性の場合は、妊娠していない人でも将来的な母体を守るという意味で女性ホルモンのリズムに体の働きが左右されます。食べないことでは、そう簡単に脂肪燃焼するわけにならないのです。食事をしないことがなぜ脂肪燃焼につながらないのか、もう少し見てみましょう。

 

エネルギー燃焼する栄養が不足する
エネルギーを燃焼するためには、余分な脂肪や糖分があまっていればいいというわけではありません。ビタミンなども脂肪を燃焼するためには必要で、また筋肉を動かすこともたんぱく質がなければかないません。食事のカロリーを抑えようとするとどうしても肉類などの高カロリーのものから食べなくなるので、必要な栄養素から失われてしまうのです。

 

すると、一時的に少しは体重が減るかもしれませんが、延々と食べない状況が続かない限り、不足した栄養素を補おうという機能が働いて余計に脂肪がたまりやすくなってしまう可能性が高くなります。

 

摂取カロリーを抑えるストレス
食事の摂取カロリーを極端に減らすと、ストレスがたまります。ダイエットしたい人は、食べたい欲求が強いから太ってしまうのでしょう。そういう人が食べないように我慢するのは、大きなストレスです。これが、ダイエットには大敵なのです。

 

ストレスがかかると、自律神経が乱れてホルモンのバランスがくずれてしまいます。女性の体は生命機能を維持するためにホルモンを調整しようと、余計な働きが起こってくるでしょう。食べなかった期間に不足していた脂肪を蓄えようと、ダイエットを終えたときに以前より太ってしまうのもこれが関係しているかもしれません。

 

参考:脂肪燃焼しやすい食事の仕方
脂肪燃焼に必要な栄養素!
同じ運動をしても、脂肪燃焼率が高い人と低い人がいます。運動によってもこの燃焼率は違うので、できるだけ効率よく燃焼する運動をしたいものです。せっかく運動するのですから、燃焼率を高めるために必要な栄養素を摂取しておくとよいでしょう。ここでは、どんな栄養素が脂肪燃焼率を上げてくれるのかお話します。

 

有酸素運動の効率を上げるために
余分な脂肪や糖分をエネルギーに変えるためには、酸素を必要とします。だからこそ、たくさんの酸素を必要とする有酸素運動が脂肪燃焼に有効なのです。

 

因みに、どの程度の運動が自分にとって最適な有酸素運動になるかというのは、心拍数から割り出すことができます。180から年齢を引いてみると、有酸素運動時にふさわしいおおよその心拍数が出てきます。ちょっと息切れする程度が、一番よいのです。

 

脂肪燃焼に効果的なアミノ酸
今話題のアミノ酸は、運動時にエネルギー変換してくれる栄養素でもあります。アミノ酸を多く含む食品といえば、黒酢やすっぽんなどがありますね。手軽にとれるサプリメントも多く出ていますから、日頃からアミノ酸サプリメントを飲む習慣をつけておくと、体を動かしたときにより燃焼しやすいメリットを得られるはずです。

 

アミノ酸の他にも、L-カルニチンやカプサイシン、a-リポ酸なども、脂肪燃焼するのにサポートしてくれる栄養素として人気です。ただ、サプリメントはあくまでも補給役ですから、基本的な食事の栄養バランスを見直して燃焼を促すことを忘れないようにしましょう。

 

脂肪燃焼しやすい食べ方、食事

 

ダイエットしようと思うと、カロリーを減らすことに固執する人がいます。確かに、摂取カロリーを減らせば、そのぶん体にたまった脂肪や糖分が使われます。その頭があるから、ついつい無理してカロリーを減らすことに躍起になってしまう人が多いのです。ここでは、満足のいく食事をしながら脂肪燃焼できる方法についてお話します。

 

最初に糖質をとってみ
最近では、食べる順番ダイエットがブームになり、野菜を最初にとる食事法が良いとされています。このブームに便乗して、食べる順番ダイエットに最適とする野菜ジュースなどが多く出回っています。なぜ野菜を一番最初に食べるのがいいのかというと、野菜には食物繊維が豊富に含まれ、脂肪の分解を促進してくれるからです。

 

ただ、野菜嫌いの人や野菜ではいくら食べても満足できないという人には、実践しにくいダイエット方法ですね。そんな人には、あえてパンやご飯といった糖質を含む食品を最初に食べる方法を紹介します。ただしこのとき注意したいのは、食べる量です。いくら糖質をとっていいからといって、甘いパンや脂肪分を含んだチャーハンやピラフなどをたっぷり食べてしまうのは禁物です。少量の糖質をよくかんで食べることで、満足度をアップさせるのです。

 

夕食の時間は早めに
寝る前にたくさん食べるといけないのは、内臓が睡眠中には消化のためには働きにくいためです。食べたものが消化されずに朝までたくわえられてしまうと、当然余分な脂肪になりやすいのです。夕食の時間を早めにする、または夕食は控えめにするなどの工夫で乗り切りましょう。

 

脂肪燃焼に効果的な運動

 

脂肪を燃焼するために良い運動というと、有酸素運動が挙げられます。これは酸素をたくさん必要とする運動ということで、逆に無酸素運動として挙げられるのが激しい短距離走や筋トレなどです。ジョギングやテニスなどは有酸素運動としてくくられていますが、これらも激しい動きになってくると無酸素運動になるといいます。

 

上手に脂肪燃焼するために良い有酸素運動とはどのようなものか、ここではお話しましょう。

 

人によって有酸素運動になる運動が違う
一般にジョギングやウォーキング、水泳、テニスなどは有酸素運動だといわれていますが、これは人によって違ってくるようです。体型も運動能力も違う人が体を動かすのですから、当然ですね。自分に無理のない程度の軽い運動、これを一日のうちで20分以上行うのが脂肪燃焼に効果的です。従来からいわれてきた、運動を始めてから20分以上経たないと燃焼が始まらないというのに異を唱える説も出てきています。

 

5分程度の有酸素運動を数回に分けて行うのもいいといわれているので、まとまった時間がとれない人はこまめに体を動かす方法をとってみてもよいのではないでしょうか。

 

激しい運動になると体内の糖分が使われる
脂肪の燃焼が始まるまで体を動かすことが余分な脂肪をエネルギーに変えるコツなのですが、これが激しい運動になってしまうと使われる栄養が違ってきます。激しい運動をすると、体に蓄えられた糖分が使われ始めて、脂肪分は燃焼しなくなります。だからこそ、無酸素運動よりも軽い有酸素運動のほうが脂肪燃焼によいのです。効率よく脂肪を燃焼したい人は、毎日続けられる程度の運動をするように心がけましょう。

 

女性は脂肪燃焼しにくい?

 

ぽっちゃりした体型の女性にとって、男性の引き締まったヒップ、余分な贅肉のない二の腕などは羨望の的ではないでしょうか。男性も中年以降になってくると余分な脂肪がつきやすくなってきますが、基本的に男性と女性とでは脂肪のつきやすさが違います。男性の場合は食べ過ぎや飲みすぎなどによる脂肪のためこみが目立つのですが、女性はもともと脂肪がつきやすい体質なのです。なぜ女性の体が脂肪をつけやすい体になっているのか、女性がするのは難しいのかについてお話します。

 

種の保存のための生命維持機能

 

冬山で遭難したりすると、脂肪が多い人のほうが生存率が高いといいます。このように、脂肪は生命維持に欠かせない成分として体には必須の栄養といえます。現代の女性は子供を生まない人も増えていますが、本来生物的には女性の役割は種の保存にあります。そのため、丈夫な子供を生んで育てる健康な体が必要なのです。男性よりも女性のほうが脂肪を蓄えやすいのには、このような理由があります。その脂肪とは皮下脂肪で、妊娠中にお腹の赤ちゃんを保護したり、内臓を守るのにも必要です。

 

年齢によって減ってくる脂肪
女性でも高齢になってくると、自然に脂肪が減ってきます。年をとってから脂肪が減ってもしょうがないと思う人もいるでしょうが、これは女性ホルモンに関係しているのです。子供を生める年齢のうちは女性ホルモンが活発で、女性ホルモンが脂肪を増やす役割も果たしています。しかし、女性ホルモンのバランスが崩れたり減少してしまえば、女性としての健康が害されてしまいます。
女性ホルモンの働きを有効に活用するには、月経後の一定期間に集中して脂肪燃焼するなどの工夫が効きますよ。

 

体脂肪率がいくつの人が脂肪燃焼すべき?

 

脂肪燃焼したいと思う人は多くなっていますが、本当に誰もが脂肪燃焼の必要があるかというと疑問です。痩せているように見えて内臓脂肪や皮下脂肪を蓄えている人もいますが、実は痩せる必要がない人も多いからです。自分の適正体重や適正脂肪率を知ることで、どのくらい脂肪燃焼が必要かがわかってきます。人の体にはある程度の脂肪が必要なため、必要以上に脂肪を減らさないように気をつけましょう。

 

適正な脂肪率
人体には生命を維持するために脂肪が必要で、そのため脂質は三大栄養素の一つとされています。因みに、あとの二つの栄養素は炭水化物とたんぱく質です。最近では脂肪率が高い男女がカッコイイとされ、いかに体脂肪率を低くするかがダイエットのキーポイントのようにいわれています。しかし、極端に脂肪率が低くなると、病気になりやすくなったり、女性の場合は生理不順になってしまう可能性が高くなります。アレルギーなどにもかかりやすいため、健康な体をキープしながら脂肪を落とすには適正脂肪率を守る必要があります。

 

年代別・体型別の脂肪率
適正脂肪率は、年代によっても体型や男女別にも異なってきます。体重から割り出すこともできますが、おおよその目安は年齢と男女別から把握しておくとよいでしょう。例えば、30歳以上の人の標準脂肪率は、男性で17%〜23%、女性で20%〜27%です。肥満とされるのが男性で25%以上、女性で30%以上ですが、痩せすぎとされる低脂肪の人も体調管理に注意が必要です。適正脂肪率を保ちながら、理想のボディラインをキープできるのが一番です。